英語の本質はリスニング教材で学ぼう

英語リスニング教材で身に付けられる技術

 

 

英語リスニングを鍛えるには、精聴と多聴を意識した教材が有効です。

 

リスニングを鍛えるには、精聴と多聴の2つの

 

訓練が有効だからです。

 

精聴とは、同じ音声素材を何度も繰り返し聞くことによって、

 

文の意味やニュアンスの正確な理解に重要な冠詞や前置詞と

 

いった細かい部分まで、聞き取れるようになることを目指すものです。

 

 

一つの音声素材を徹底的に聞き込むことによって、

 

音声を聞いただけでその内容が正確に理解できる英文を

 

一つ一つ着実に増やすのです。

 

精聴は、自分のレベルに合わせて、リスニングをする英文を

 

選べるので、初心者から上級者まで、誰にも

 

有効な英語勉強方法です。

 

ただ漫然と聞き流すのではなく、

 

全神経を集中して英語を聞き取る姿勢を身につけるのに、

 

ディクテーションという訓練が有効とされています。

 

聴いて、聴いた英文を書き取る訓練です。

 

また、書き取りをやると、書き取れなかった部分=聞き取れなかった部分が

 

はっきりと分かるため、自分の理解度を再認識することができます。

 

その上で、聞き取れなかった英文を集中的に訓練すれば

 

自分の弱点を補強することができるのです。

 

確実なものを少しずつ増やしていくことが、

 

結局は、その後の大きな飛躍をもたらす基盤をつくることになるからです。

 

そういう経験を積み重ねて、

 

正確に聞き取れる英文がある程度ストックされてきた段階で、

 

多聴により、英語のリスニング力を一気に付けましょう。

 

多聴は、英会話の訓練にもなります。

 

なぜなら、英会話では、予期せぬ英語をずっと

 

相手から話し続けられるので、それを聞き続ける

 

訓練にもなるからです。

 

 

英語リスニング教材で身に付けられる技術って

 

何だと思いますか?

 

英語のリスニングでは、ネイティブスピーカーがあの独特の発音とスピードで

 

我々には非常に聞き取りにくい話し方をするために、

 

専門家も含めて、多くの人が、英文の「音声」そのものを聞き取ること

 

ばかりに目をとらわれてしまいがちです。

 

 

しかし、リスニングをするうえで同様に重要なことは、

 

彼らの話す英文、英語を、しっかりと素早く

 

「理解する(聞き取った音声を素早くイメージ化する)」ということです。

 

英会話は、イメージを上手く持つとスムーズに捗ることでしょう。

 

英会話は、英語のリスニングだけでなく、スピーキングも身につけることが

 

できます。

 

逆に言うと、英会話を伸ばしたいと思ったら、

 

英会話教材でもいいですが、まず英語のリスニング教材を

 

使って、英語の耳を鍛えた方が英語の実力

 

付くのではないでしょうか。

 

 

英語,リスニング,教材

 

 

英語の音は、日本人にはなじみの薄い音が利用されています。

 

慣れるまではこの英語独特の音を

 

発音するのは難しいものです。

 

まず最初は、個々の単語の正確な発音を覚えましょう。

 

発音が分からない人は、カタカナ表記を利用して音を覚えてもかまいません.

 

しかし、聴き取れるようになってきたら、そのままカタカナ発音を

 

覚えたままにしておくのはやめましょう。

 

必ずネイティブの正確な発音をインプットしてください。

 

精聴を続けて、英語のリスニングを学んでいれば、

 

この慣れない音もしっかりと聞き取れますし、

 

英語の音の微妙な違いも聴き分けられることができます。

 

 

すると、リスニング力を付けていない時よりも

 

正確な英語の発音をすることができるようになります。

 

 

だから、英語のリスニングをきちんと学習することで

 

英語を聞けるようになるだけでなく、

 

話す、英会話の技術にも役立てることができます。

 

 

英語リスニングを伸ばすおすすめの学習法などを参考に、

 

学習を継続してきましょう。

 

 

そして、英会話ができるようになれば、あとは

 

書くこと、ライティングを覚えれば、読み書きもできるようになり、

 

最終的に英語の総合力を伸ばすことができます。

 

 

 

 

 

 

英語動画で左脳、右脳両方を刺激!英語上達の究極脳トレ!

 

 

 

最近流行りの脳力トレーニング、略して脳トレ。

 

これは、英語学習でも利用しない手はありません。

 

 

どのような脳トレが英語学習に役立つのでしょうか?

 

簡単です。

 

 

 

 

別にこの動画に限りませんが、

 

英語の動画が役立ちます

 

 

英語は、ことばです。

 

言語を司るのは、理論的な左脳になります。

 

 

英語初心者が、英語を聞いたり、読んだ時には

 

意味を理解するのに、頭の中でいちいち日本語に訳して

 

理解すると思いますが、この時左脳を使っているのです。

 

 

英語に慣れてくると、簡単な英語を聞いたり、読んだりすれば

 

瞬時に意味が捉えられるようになるので、わざわざ

 

日本語への変換作業が不要になります。

 

そして、私達日本人が普段から使っている日本語を

 

捉えるように、意味をそのまま理解するのと同じ感覚に

 

なっていきます。

 

 

英語初心者が、英語を英語のまま理解するには、

 

このような英語動画を見ながら、英語と映像(イメージ)を

 

結びつける訓練をすると効果的です。

 

 

映像は右脳が司ります。

 

 

イメージ映像と英語が結びついていくと、

 

これが蓄積されて、英語を瞬時に理解できる映像(イメージ)の記憶が

 

脳内に暗記されていきます。

 

 

これが、英語を瞬時に理解する手助けになるのです。

 

 

英語,リスニング,教材

 

⇒英語スピードが命!スピードラーニングはこちら

 

 

 

 

 

 

 

英語リスニング 英語動画から学ぶイメージとスピードの2大ポイント

 

英語動画はイメージだけでなく、スピードに慣れる意味でも

 

役立ちます。

 

英語リスニングを鍛えるなら

 

イメージ作りとスピード

 

この2つのポイントが大事になってきます。。

 

 

普通の日本人が英語を聞くと、

 

英語 ⇒ 日本語への変換 ⇒ 理解

 

の形をとるでしょう。

 

しかし、英語リスニングの理想型としては、

 

英語 ⇒ 瞬時のイメージ映像 ⇒ 理解

 

になるのです。

 

 

特に、難しい内容になればなるほど、

 

この理想型でないと、英語のスピードに付いていけません。

 

そのために

 

英語リスニングにイメージとスピードが必要

 

なのです。

 

 

そして、英語の音に馴染みの薄い私達日本人が

 

英語リスニングを鍛えようとすれば、

 

筋トレのようなものですが、英語のシャワーを

 

浴びる必要があります。

 

それも多量なだけでなく、聞くスピードを上げて

 

訓練すると、実際のネイティブスピーカーが話す英語は

 

ゆっくり聞こえるので、理解しやすくなります。

 

だから、ネイティブスピーカーの英語スピードについていけるよう

 

ある程度のスピード訓練も必要なのです。

 

 

このように、英語リスニングを鍛えたいなら

 

イメージとスピードの2つのポイントにこだわって

 

学習を進めると上達も早くなります。

 

 

ぜひ、実践してみてください。

 

 

 

 

英語,リスニング,教材

 

⇒ 毎日新鮮に聞ける!エブリデイイングリッシュはこちら

 

 

英語リスニングが苦手!どこから手を付けていいか分からなくなったら人へアドバイス

 

英語リスニングが苦手な人の共通点は、

 

いちいち、英語を日本語に変換していることです。

 

とにかくリスニングが苦手な人というのは、

 

実は完璧主義な人が多かったりします。

 

特に最初は、完璧主義を目指さない方が

 

いいかもしれません。

 

せっかく始めた英語リスニングの勉強を

 

挫折させてしまいかねないからです。

 

分からない単語、聞き取れなかった単語のために、

 

英文をまず全て聴き取り、その後やっと、英語から

 

日本語に頭のなかで翻訳変換を行います。

 

そこで初めて意味を理解しているようでは、

 

それは確かに骨が折れますし、効率は悪過ぎます。

 

 

だから、英語は英語で理解した方がいいのです。

 

それに余計な時間も省けます。

 

 

そのためには短い文章を何回も聞いて書き出し、

 

聞き取れなかったら発音に注意して一緒に

 

発声するのがいいですね。

 

 

ここは完璧になるまで、同じ文章、センテンスを

 

繰り返すほうがいいでしょう。

 

慣れてきたら、リスニングと同時にスピーキングをする

 

シャドーイングを行ってみるとなおいいでしょう。

 

 

大事なのは何を聞かれているのかなので

 

動詞、名詞に注意して聞いてみましょう

 

あとの前置詞などは分からなければ最初は無視しても

 

問題ありません。

 

 

とにかく、英語を英語で理解するように気をつけてみると

 

今までの英語リスニング勉強法を一歩進めることができるでしょう。

 

繰り返しますが、慣れるまでは、リスニングの分量や質、

 

そして、聴き取り精度などで完璧を目指しすぎないことです。

 

 

⇒ 英語リスニング勉強を一歩前に進める方法

 

英語,リスニング,教材

 

 

 

 

 

 

 

シャドーイングでリスニングを鍛えられる意外な理由

 

シャドウイングは、よく使われる英語勉強法です。

 

意外ですが、発音が良くなると、リスニングもできるように

 

なってきます。

 

これは、音を正確に発音できるということは

 

正確に聞き取れている証拠だからです。

 

精読と同じように、精聴と呼ばれるものがあります。

 

これは、きっちりと聞けるまで繰り返して、完璧に

 

リスニングを身につける英語勉強法です。

 

ひとつの文が終わってから、繰り返す時間があれば

 

その文を言う感じで、軽く始めましょう。

 

繰り返せば、自然と精聴になります。

 

それで、シャドウイングが上手くできないのなら、理由はいくつか考えられます。

 

・ 英語の発音が習得できていない

 

・ 英語の音のリスニングが弱い

 

・ 最低限の語彙が不足していて、最低限の文法を理解していない

 

あるいは、単に使っている英語のレベルが高すぎる、

 

というだけの理由かもしれません。

 

適切なレベルの教材を選ぶのはたいへん大切なことです。

 

レベルをどんどん下げていって、

 

わかるところまで下ろしてみてください。

 

そこから、こんどは上へ上へたたき上げればいいのです。

 

シャドーイングのコツはうまく発音できるようになれば、

 

その英文に関しては、、自然とリスニングができるようになるものです。

 

 

 

 

あなたの英語リスニング勉強を影で支えるお役立ちグッズとは

 

英語のリスニングを上達させるのに役立つ

 

小物(グッズ)をご案内いたします。

 

 

あなたの英語リスニング学習を影で支えてくれる(?!)。

 

リスニング学習や勉強を続ける際に

 

あると便利で、役立つグッズです。

 

 

・ホットアイマスク

 

英語,リスニング,教材

 

 

これは、ストレス解消、リラックスにもなります。

 

英語勉強やリスニング学習の後のご褒美にもなりますよ。

 

 

リスニング勉強で、英語の音に集中したい時に、ホットアイマスクを普通のアイマスク

 

と同じように利用することで、外部映像を遮断して集中できる上、

 

リラックス効果から、より英語の音への集中度を

 

高めることができるホットアイマスクです。

 

普通のマスクでももちろんいいのですが、このホットアイマスクは、

 

精神状態をリラックスさせることができるので、緊張を解して

 

英語の音に専念することができるのです。

 

 

・マイク付きステレオヘッドホン

 

英語,リスニング,教材

 

このマイク付きステレオヘッドホンは、

 

消音性を高めるために、耳をすっぽりと

 

覆うタイプのものがいいのです。

 

さらにこのステレオヘッドホンは、マイクが付いています。

 

自力で話せる英会話【ADVANCED BEGINNER】ビデオ講座のような

 

スピーキングにも対応できるマイク付きステレオヘッドホン

 

周りの騒音を遮断して、しっかりと英語の音を

 

精聴する練習になります。

 

 

英語,リスニング,教材

 

 

 

 

 

身に付けるのは、英語だけでいいのですか?

英語に必要なのは、知識、暗記だけではありません。





⇒右脳と左脳、同時に脳力を高め、英語を身につけるならこちら!