【睡眠不足】に悩むあなた、昼間の眠気と戦うあなたを助けたい!眠りの質を高める対策を伝授!

昼間の眠気に負けるな!体の中から眠気対策をサポート

睡眠不足なの?昼間眠くて眠くてたまらないあなたの眠気の正体は?

 

睡眠,眠い,睡眠不足

 

昼間の仕事中、眠くてたまらないあなた、眠りの質が重要です。

 

眠気の正体は、

 

病気(睡眠時無呼吸症候群)の場合とそうでない場合

 

2通りが考えられます。

 

 

睡眠時間をどれだけ長くとっても、

 

それだけで睡眠不足を解消できるわけではありません。

 

 

逆に、睡眠の質が高ければ、たとえ短い睡眠であったとしても、

 

大丈夫なのです。

 

 

とはいっても、睡眠の質の重要性は分かっていても

 

どうしたらいいのかが分からないでしょうね。

 

 

どれだけ寝ても睡眠不足なのか、仕事に集中できなくなって

 

ぼーっとしてしまう。

 

 

帰宅後は、なるべく早く寝るよう、睡眠時間を確保しているけど、

 

いったいどれだけ寝たらいいのか・・・。

 

 

医学的に見ると、食べ物が胃に入るとその消化活動の為、

 

全身に回っていた血液の一部が消化器官に集まりその活動が活発になります。

 

そのため、脳でも血流が減り、

 

脳が酸欠気味になることで眠気を感じるのです。

 

 

病気でない場合の昼間の眠気の原因はこれです。

 

 

 

脂質を摂り過ぎたり、大量に食べたり、

 

また咀嚼回数が少ないと消化に時間がかかる為、

 

眠気も長期間感じてしまう事があると言われています。

 

 

 

また、胃腸の働きが活発になる時は副交感神経が

 

優位になっているので、この事も眠気が起きる一因でしょう。

 

日本睡眠学会の発表によると、

 

人の体内リズムでは午後と午前2時?4時の間

 

眠気が襲ってくるらしいので意識してみましょう。

 

昼間の眠気はひょっとして恐ろしい病気〇〇?

 

睡眠,眠い,睡眠不足

 

睡眠時無呼吸症候群という病気、最近良く聞きませんか?

 

 

無呼吸とは、10秒以上呼吸が止まってしまうことをいいます。

 

睡眠中に、この無呼吸が1時間に5回以上、

 

または7時間の睡眠中に30回以上ある状態を、

 

睡眠時無呼吸症候群と言われます。

 

 

睡眠時無呼吸症候群の人は、

 

目覚めが悪く、日中の眠気が強くなったり、

 

注意力が散漫になったり、夜間のトイレの回数が増えたりするそうです。

 

 

「睡眠時無呼吸症候群」の医学的な定義は、

 

 

・睡眠中に無呼吸を繰り返し、その結果、日中に眠くなる、

 

 熟睡感がないなどの種々の症状を呈する疾患

 

・無呼吸(10秒以上の呼吸停止)をひと晩7時間の睡眠中に30回以上、

 

 あるいは1時間当たりに5回以上起こす病態。

 

 

とされています。

 

 

この場合は、医師による診断が必要でしょう。

健康なあなたが昼間の眠気を吹き飛ばす方法

 

睡眠,眠い,睡眠不足

 

昼食は、消化の良いもの食べて、腹八分目に抑えましょう。

 

これだけで、消化のために血液が使われているのを抑えられるため

 

眠気を軽減できます。

 

 

ツボ押しマッサージも心がけましょう。

 

・指のツボ「中衝(ちゅうしょう)」

 

手の中指の爪の根元の、人差し指側。指をつまむように押します。

 

眠気覚ましのほかに、イライラ、頭痛、耳鳴りを鎮めます。

 

 

・手のツボ「合谷(ごうこく)」

 

手の甲側で、親指と人差し指の股の間の、少しくぼんだ部分。

 

胃腸の不調などにも効果があります。

 

 

・足のツボ「足臨泣(あしりんきゅう)」

 

足の薬指と小指の、骨の間。思い切り押します。

 

眠気覚ましのほか、目の疲労回復に効果あります。

 

 

・首のツボ「風池(ふうち)」

 

後頭部のうなじの外側のくぼみで、ちょうど髪の生え際の部分。

 

下から上へ、押し上げるように指圧します。

 

 

・頭のツボ「百会(ひゃくえ)」

 

頭のてっぺんにあるツボ。ポンポンと叩いて刺激します。

 

眠気覚ましのほか、頭痛、肩こり、疲れ目などに効果的です。